金沢中央味食街の楽しさ教えます! 後編

片町と言えば、キラキラ光るネオン、そしてオシャレなお店も色々と…。

これも“まち”の特徴だけど、今宵ご紹介するのは「金沢中央味食街」。

その独特な雰囲気に、一見近寄りがたいものもあるが、そこは行けば都!

1度足を踏み込めば、誰もがハマってしまう、魅惑の場所だ。

さぁ、研究員D男がみなさんを「金沢中央味食街」へお連れしましょう。

 

+++

こんばんは。研究員D男です。

前回に引き続き、ディープな世界に深く潜りますよ。

 

金沢中央味食街の楽しさ教えます!前編はこちら

 

 

味食街の我が家、丹波路で、

ママ手づくりの名物メニュー「ぼたん鍋」

 

 

さて、メインが出来上がったところで、

ママと「カンパ~イ♪」

 

 

思わず、親指も立ってしまう、、、(笑)

 

 

さらに、

隣にいた、美容部員のおキレイな二人も交えて

「カンパ~~イ♪」

 

 

 

これぞ醍醐味2

「年齢性別関係なし! 学歴、職業、役職も関係なし!

狭い空間で、膝を突き合わせてお酒が飲める、話ができる!!!!!」

 

※時に、話がアツくなり過ぎてケンカになることも、、、(汗)

 

 

続いて、串もの!

 

 

 

 

「豚バラの串焼き(1本200円)」。

ママが一本一本、愛情を込めてお肉を刺した一品。

ボリュームもあり、食べ応え十分。

 

もう1品食べたいなぁって時は、男性1番人気のコレ!

 

 

 

「納豆焼き(500円)」。

納豆にネギと長芋を混ぜて焼き上げた一品。お好み焼きのようなフワフワな食感で

あっという間に完食! 〆役もまかせる優れたやつ。

 

 

ママに戻って、、、。

 

人望が厚く、人生相談を受けることも日常茶飯事。

 

 

D男:最近、仕事もプライベートも慌ただしくて…。

 

ママ:ストレスたまってんじゃない!

 

D男:分かります! そうなんです…。

 

ママ:そんな時は嫌なことを紙に書いて、燃やしちゃいなさい!

誰かに話すと、尾ひれがついて、話が漏れ広がることもあるからね。

 

D男:やっ、やってみます。

 

ママ:それと、思いっきり泣きなさい! 嫌なことが涙と一緒に流れてすっきりするから! みんなの前で泣いちゃダメよ(笑)。

 

D男:はっ、はい! 一人の時に泣いてみます(笑) ママ、最近いつ泣いたの〜?

 

ママ:あるわよ、お正月の箱根駅伝見てたら、涙が出たわ(笑)

 

これぞ醍醐味3

「愛されキャラのママがいる。

癒され、元気がもらえる!!!!!!」

 

※若手店主のお店も最近増えてきてます

 

〆は、ぼたん鍋にうどんを入れて、フィニッシュ!!!!!!

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

丹波路

076-224-2938

金沢市片町2-13-8

営/17:30〜翌2:00 休/不定休(金曜もしくは土曜が休みになることも)

 

 

ちなみに「丹波路」のさらに奥に、共同トイレもあるから女性も安心!

 

 

 

 

 

さーて、2軒目はどこにしようかな♪

おーっと、今宵はここまで! では、See You

 

他に金沢中央味食街のおすすめ店!

 

 

ボリューム満点の手作り料理とアットホームな雰囲気が魅力。

 

すみれ

076-263-8570

金沢市片町2-13-8

営/17:30~翌1:00 休/日曜

 

 

元肉屋の店主が営み、豚のマニアックな部位まで堪能できる。

 

ぶたのしっぽ

090-9766-7722

金沢市片町2-13-8

営/19:00~ 休/日曜(祝日の場合は翌日)

PAGETOP