優しい気持ちを取り戻せ! 小動物とカフェデートを楽しんできた! 前半

カフェって癒されますよね。

 

あと、小動物って癒されますよね。

 

その二つの癒しを同時に手に入れられる夢のようなカフェが、竪町にありまして。

 

今回は、優しくもデリケートな時間を過ごしながら、あわよくばオトナの優しさについて学んでみます!

 

 

 

こんにちは。

マチアソビ研究員としての裏の顔が好印象な「鼻毛の森」(金沢在住)です。

印象の悪い表の顔は、“残念な現実”のみをJ-POPで伝えるシンガーソングライターです。

 

ツンツンと尖った歌詞(「誰でもよかっただから君でもよかった」など)を書いておきながら、周囲のバッシングには小動物のように怯える自業自得な僕ですが、今回はそんな(悪循環な)ストレスから解放されるべく、ツンツンな小動物に癒されに行ってきました。

 

 

やってきたのは竪町のハリネズミカフェ・『つんつん』

 

 

 

さて、辿り着きましたのは竪町ストリーㇳを新竪町方向にしばし進むと右手に現れるカフェ・・・

 

その名も『つんつん』!

 

実はこちら、2017年5月にオープンしたばかりで、全国でも数少ない“ハリネズミと触れ合える(癒し系)カフェ”なのだそうですよ。

 

そう、「つんつん」はハリネズミのことを指しており、

決して、スタッフが塩対応だったり、ましてやスタッフとイチャイチャできるといったいかがわしいコンセプトではありませんのでくれぐれも!

悪しからず!

(※鼻毛の森さんの個人的な邪推です。)

 

 

 

案内人は、店長の谷口さん!

 

 

谷口:ペットブームの中でも、世間のハリネズミへの関心は高い方なのですが、飼育は本当にデリケート。

 

興味本位で飼ったはいいものの・・・

なんてことがないように、まずは多くの人に触れる機会を提供できたら、

 

とオープンしたのがこの店なんです。

 

開店8ヶ月のスローペースですが、20匹ほどの子(ハリネズミ)が“新しい家族”に出会っています。

 

30分のフリードリンク付きプランを基本に、店内でヌクヌク過ごす6~7匹のハリネズミに(餌やりなどを通じて)直接触れられるのが『つんつん』のお気軽システム。

 

とはいえ、マイペースな上に神経質な動物で、“戯れる”系の動物カフェとはまた違うノリなのだそうで・・・その暗黙のルールについて掘り下げてみました。

 

ハリネズミカフェの暗黙のルールとは…

 

「優しい気持ちを取り戻せ! 小動物とカフェデートを楽しんできた! 後編」はこちら

 

PAGETOP