金沢の居酒屋で、知らない人のとなりに座って話しかけてみた オフ会してみた 後編

夜のマチには、物語がある…。

 

心温まる出会いを求め、バーや居酒屋へ…。

 

そんな大人な遊びがしてみたい!!

 

 

というわけで、マチの居酒屋で出会った、たまたま研究員のとなりに座った人に突撃インタビュー。

 

 

今回は、SNSで参加希望者を募り開催した、隣座ってオフ会の模様をお届けします!

 

+++

 

 

研究員である私たちと同じように、読者の方にもマチアソビをしてもらいたい!

 

研究員と一緒にマチを遊ぼうよ!

 

研究員と応募者、そんな2人がいきなり出会ってしまったマチの達人とカンパイ!

カンパイまでの一部始終はこちらの前編から

 

 

 

M子「せっかくオーナーがいらっしゃることですし、オススメ聞いちゃいましょう」

 

ともみさん「おすすめありますか?」

 

 

マスター「モスコミュールなんてどうですか?石川県産の生姜を使ったシロップで自家製なんです。」

 

 

 

 

 

 

こだわりの県産!

 

細川さん「観光のお客様には、やっぱり地元の良いものを味わってもらいたいですからね。

 

お出ししているものは、地元の食や文化が感じていただけるものを選んでいます。」

 

 

M子「へ~。でも、地元在住の私たちも知らないものがあって、面白いですね。」

 

マスター「地元の食材の味を楽しめる、前菜もどうぞ!」

 

 

 

 

わあ!とってもカラフルでどれも美味しそう~

 

北川さん「私は、KANAZAWAビールが好き!金沢市内のブルワリーで女性が作っているんですよ。」

 

ともみさん「あっ!ベルギービールっぽくて飲みやすい。美味しいです」

 

 

 

さて、せっかく竪町を牽引するお二人が揃っているので

ちょっとディープな話を伺っちゃいましょうか。

 

M子「このマチも昔とずいぶん変わりましたよね。

 

昼間は学生さんがいるけど、夜はちょっと寂しい。」

 

 

北川さん「確かに。私たちが高校生の頃は、クラブがあったり、個性的なお店がいろいろあったりして”オシャレになりたい人が集まるマチ!”ってイメージでしたよね」

 

細川さん「本質的には変わっていないけど、やっぱり僕たちが学生の頃の勢いは正直ないよね。」

 

ともみさん「お二人は、竪町をどんな場所にしたいと考えていらっしゃんるんですか?」

 

 

 

細川さん「僕がこの”KANAME inn”を創ったのは、竪町という場所を全国・世界と北陸の文化がつながるHUB(交流拠点)にしたいんだ。

 

活気があった頃の竪町って、北陸における流行の発信源って感じだったでしょ?」

 

 

北川さん「そうそう、今ってそういった”自分らしくオシャレして楽しみたい”って人の受け皿がないんだよね。」

 

 

細川さん「ファッションとか、食とか、最先端の文化の発信源にしていきたいって思う。」

 

 

M子「とっても面白そう! 昔は北陸のなかでのみ、だったけど、今は世界中に視野が広がりますね。」

 

 

北川さん「パティオもそういう風に展開していこうと思っています。

 

ファッションはもちろんだけど、雑貨や、食、イベントも。

 

これからはジャンルの枠にとらわれないで、いろんな趣味、立場の人が立ち寄れる場所にしていきます」

 

 

 

おお!パティオの進化が楽しみ!

 

思わぬ展開で、金沢の未来を握る方々の熱いトークが聞けました!!

 

北川さん、細川さんと竪町について熱く語ってみたい方は、ぜひ「Kanazawa Music Bar 」へ!

 

運が良ければ、お目にかかれるかもしれません~。

 

ともみさん!ご参加ありがとうございました!

 

 

++++

「Kanazawa Music Bar 」

金沢市 竪町41

TEL.076-208-3540

 

PAGETOP