マチナカゆるキャラ最前線① 歴史と調和する「きまちゃん」に会ってきた! 後編

マチナカゆるキャラ最前線①

歴史と調和する「きまちゃん」に会ってきた!

 

 

皆さーん!「ゆるキャラ」をご存知ないわけないですよね。

 

地域・企業・団体の各種キャンペーンやPRを担う“ゆる~いマスコットキャラクター”の略称となるソレは、愛くるしさや最大限に引き出したビジュアルで、我々の日常に癒しを与えまくってくれる人気モノ!今回は、金沢の“マチナカ”で親しまれる「ゆるキャラ」を訪ね、その魅力に肉迫してきました!

 

マチのゆるキャラきまちゃん誕生の秘密に触れる

「マチナカゆるキャラ最前線① 歴史と調和する「きまちゃん」に会ってきた! 前編」はこちら

 

 

 

女性や子供、海外観光客を中心とした“盛り上がり”に乗り、

 

(石浦神社)オリジナルのグルメガイド「きままっぷ」の発刊(運営)や、

 

和テイストのクラフトビール「きまビール」

 

コーヒーブランドとコラボした「きまるジャロ」の開発など

 

地元 “飲食”にも大きな影響を与えはじめている「きまちゃん」。

 

 

外食産業に従事した(長谷さんの)サラリーマン時代のキャリアが次々と結実しており、

 

もとより“恋愛成就”で知られる神社には、今や各企業からの“相談”も多数なのだとか。

 

ああ、僕も相談したい。将来のこと。

 

 

 

境内には「露店」らが(半)常設で、年中お祭り状態なのも現宮司(長谷さん)の仕掛け。

 

 

「もとより、神社は町で一番最初に建てられるものでした。

 

その周辺を屋台が囲み、門前町が出来、働き手が出来て大きなが出来る・・・

 

その自然な賑わいを僕の代からまたやろうと。」と長谷さん。

 

バー屋台には何か国語にも精通するスタッフが常駐し、

ちょっとした観光案内所としても機能しており、「結果的に参拝客も増えた」そうです。

 

 

なお、「きまちゃん」の貢献度から、本殿前を守る勇壮な狛犬や境内内『広坂稲荷神社』の“逆さ狛犬”に続く “像”化も視野に入れているそうで、「きま犬」という名称も内定しているのだとか。

 

ダジャレって・・・もはや万能ですね(笑)

 

 

 

未来“色”に染まる「きまちゃん」

 

 

『石浦神社』2,200年の歴史の中で、現宮司(長谷さん)と「きまちゃん」は極めて異端!

 

「先代が存命ならすべての行動が怒られるでしょうね」と本人もおどけますが、

 

今の時代に“誰でも(日常的に)来られる”神社本来のカタチを再現させた要因は、

 

「きまちゃん」をはじめとした斬新かつ豪快な取り組みに違いありません。

 

ちなみに現在純白の「きまちゃん」はこの先、

 

7色(レインボー)展開”を見据えているとか・・・

 

もう、何色にでも染まってください(笑)

 

 

 

 

 

PAGETOP