金沢中央味食街の楽しさ教えます! 前編

片町と言えば、キラキラ光るネオン、そしてオシャレなお店も色々と…。

 

 

これも“まち”の特徴だけど、今宵ご紹介するのは「金沢中央味食街」。

 

 

その独特な雰囲気に、一見近寄りがたいものもあるが、そこは行けば都!

1度足を踏み込めば、誰もがハマってしまう、魅惑の場所だ。

 

 

さぁ、研究員D男がみなさんを「金沢中央味食街」へお連れしましょう。

 

+++

こんばんは。研究員D男です。

今日は、ディープな世界を案内しますね。

 

「金沢中央味食街」の場所は、「片町きらら」の裏通りから1本入り、「新天地」と呼ばれる

エリアを抜けた先にある屋台横丁。このレトロ感、まさに昭和!

 

 

ある意味フォトジェニック!!!!!

各お店の看板もいい味出てます。

 

 

 

 

現在は、20店舗が軒を連ね、おふくろの家庭料理から寿司に焼肉、

そしてフレンチまで様々なジャンルが味わえる。

 

ある意味グルメ横丁!!!!!

 

 

 

 

D男も久しぶりなので、テンション高め↑

少々はしゃぎ過ぎてます笑

 

早速、ご紹介するお店は、「丹波路」。一番奥にあるお店。

 

 

 

 

 

緑の提灯が目印!

 

「ママー、久しぶり~」

ホント、我が家に帰って来たような感覚に。

 

 

 

 

この狭さも魅力のひとつ。高さは、D男の頭スレスレ(身長180cm)。

ママを囲むように、L字型のカウンターがあり、席は8席。

 

では、ママのご紹介~

「ジャ、ジャーン♪」

 

 

 

洋子ママ。お年は67歳(1/10がお誕生日)。

27歳の時から片町で働き出し、このお店を始めて30年あまり。

割烹姿がトレードマーク。趣味は旅行。

 

好きな芸能人は舟木一夫!

 

D男の母親と同世代。片町の母、いや第二の母として慕ってます笑

 

メニューは冷蔵庫に。今日はぼたん鍋がお目当て!

 

 

 

 

ママの出身地、丹波篠山の猪肉が入り…。

 

 

 

丹波篠山の味噌と地元の味噌をブレンドしたもので、味付け!

隠し味はママの愛情♡(多分笑)

 

 

ハイ、出来上がり~

 

 

「ぼたん鍋 (1人前・2,500円~)」

2月末までの冬期限定鍋。猪肉に白菜、シイタケ、大根、豆腐、ゴボウなどお野菜もたっぷり。

2、3日前までに予約が必要。

 

これぞ醍醐味1

「名物メニューに出会える」

※美味しい手作り料理が味わえる

 

と、名物メニューも出てきたところで、今回はここまで!

 

さらにディープに潜る後編をお楽しみに~!!!

 

 

PAGETOP